50代からの幸せ「椿ブログ」

若くないからこそ気づく幸せもある。おひとりさまの安心老後を創るHIDEのブログです。

未分類

パパ

投稿日:

Pocket

最近、久しぶりにプリンセスプリンセスの「パパ」という曲をラジオで聞きました。

年齢的に「パパ」の立場で聞いてしまうのですが、この娘はなかなかのプレゼン上手だなと感心したのでブログを書いています。

「パパに会わせたい人がいるの」

プリンセスプリンセスはそう歌い始めます。

ついに、この時が来たな、「パパ」はドッキリするはずです。と同時にどんな反応をしたら良いか迷うはずです。頑固な親父と嫌われたくもないし、かといって優柔不断な父親だとも思われたくない、いきなり心は千々に乱れるはずです。

「とても優しくて私のこと愛してくれてるの」

先手を取られてのっけからこんなふうに言われては、パパは反対しにくくなります。

何か言おうとして言葉が出てこない父親の姿を見て、娘は畳み掛けます。

「あのね、あの人どこかパパに似てるの」「背中もふとした仕草も」パパに似ている

と娘は言うのです。

パパにどことなく似ている人を好きになったの

そんなことを娘に言われて反対できるパパはなかなかいません。

「あんな不誠実そうな男はダメだ!」

それって、自分のことになってしまいます。あんなニヤけた男のどこがいいんだよ、内心そう思いながら、

「そうは言ってもおまえ、あまりにも急なんじゃないか」とかなんとかゴニョゴニョ口籠るばかりです。

「昔、朝帰りした私を涙ながらに怒ったパパの気持ち、今なら分かるの

でも大丈夫 これからはパパの代わりにあの人が守ってくれる」

あの人が守ってくれるって、いきなりパパの役割終了宣言です

「パパの気持ちが分かる」って、全然分かってないじゃないか、小さなオマエをここまで育てたのは俺なんだぞ、あいつが今更オマエの何を守るっていうんだよ

もちろんパパはそんなことを口にできるわけがありません。

「あのね パパもあの人 気にいるはずよ 私たち愛し合ってるの」

私たち愛し合ってるの、そう結ばれたんじゃ、ぐうの音も出ません

ボクは歌に歌われてない部分まで想像してしまいました。

「それでね、パパに相談なんだけど、結婚式の費用半分出してくれないかな、私の花嫁姿、どうしてもパパに見てもらいたいの」

あまりにプレゼン能力が高い娘です。

この娘のようなプレゼン能力を、最近ニューヨークに行かれた夫婦も持っていたらあそこまで反対されなかっただろうに、そんなことまで思わされる「パパ」でした。

-未分類

執筆者:

関連記事

オリンピックの笑顔

今日はアタマが痛いです。 オミクロンではありません。オリンピックです。 スノーボードの平野歩夢選手の滑りに血圧が上がりました…✨ テレビ観戦しているこちらの興奮とは反対に、96点というス …

自堕落な休日の過ごし方

ボクの家に家訓というものがあるとすれば、「野菜を食べろ」です。 何しろ、うちの父親は食べ物に口うるさい人でした。(過去形ですが、まだ田舎で健在です。最近は離れているので過去形になっているのです) 今に …

医者と政治家

ふと先ほど思ったことがありますので、ブログに書いておきます。 それは、医者と政治家の違いはどこにあるか?ということです。 医者と政治家の大きな違いは、誰の幸せのために働くのか、だと思います。 政治家は …

なにがなんでも

ボクはイベントを求めている。 コロナを忘れさせてくれるイベントを。 しかし、クリスマスが終わり、お正月も終わると、空白の時期が生まれる。 バレンタインデイ?残念ながら、あまりボクには関係ないようだ。 …

好きだけど、サヨナラ

好きなのに、離れなければ行けない。 求めているのに、求めてはいけない。 いっそ、その存在を知らなければよかった。 昔は心の赴くままに身を任せればよかった。だけど、すっかり変わってしまった… 思わせぶり …