50代ブログ「つばき日記」

若くないからこそ気づく幸せもある。おひとりさまの安心老後を創る椿リーガルグループ代表のブログです。

未分類

夢と現実

投稿日:2021年1月7日 更新日:

Pocket

昨日のブログで、新しく購入した羽毛布団がフワフワ、もちもちで「生揚げ」みたい!と無邪気に喜んでいたボクですが、寝具の寝心地と夢見はまったく別モノのようです。

フワフワの布団の中で見た夢は、フワフワな夢なんかではなく、よりによって誰かのゲ○を踏んだ夢。

よりによって夢の中のボクはサンダル履きです。ダイレクトにくっついたかも…

なんて夢を見るんでしょう⁈

起きたら早速検索してみました。

何かの警告という意味があるのと同時に金運の到来という意味もあると書かれています。

前半無視、後半のみインプットです。ポジティブシンキングです。

その日のうちに早速スクラッチくじを買ってみました。

せせこましく、1000円分、5枚のみです。

なにしろ、くじ購入の根拠がだれかの○○を踏むという夢ですから、強気にはなれないです…

家に帰ったら早速コインでゴシゴシ削りました。

その結果は…

200円の当たりが2枚でした。

確立は2/5ですが、600円のマイナスです。

何とも言えない結果ですが、素敵とは言えない夢の結果ですからこんなものなのかもしれませんね。

-未分類

執筆者:

関連記事

花鳥風月

嘘か本当か分かりませんが、花鳥風月という言葉がありますが、人は年齢を重ねるごとに、この順番で心惹かれるようになるんだとか… 花に心を奪われ、次第に鳥のような小動物に、ついで風のような自然を、そして月や …

しろくまくん

大学生のとき初めてこの街に来て、町はずれをドライブした時の印象は、故郷よりもしかして田舎かもしれない…というものでした。 でも遠くに出かけることもできないこんな時にはこの環境に癒されます。 今日は春の …

伊集院静という男

伊集院静の「なぎさホテル」を読んだ。 久しぶりに伊集院静を読んでみようと思ったのは、作家の死を報じるネット記事に書き込まれたコメントを読んだからだ。 その人(女性)は、父親を亡くしたそうだ。サイン会で …

身近なフィンランド

コロナの次は戦争、こんな状態では、しばらく海外旅行なんて行けそうにありません。 でも安心してください。 こんな時にこそ、あの場所が光り輝きます。 そう、埼玉にあるフィンランド、飯能市のムーミンバレーパ …

完璧な販売システム

コロナ以降、すっかり習慣化してしまったYouTube視聴。 バイクのツーリング動画を見るのが好きなんですが、ちょっと驚いたのでブログに書きます。 その動画投稿者さんは、九州にツーリングに出かけ、とある …

PREV
羽毛布団
NEXT