50代ブログ「つばき日記」

若くないからこそ気づく幸せもある。おひとりさまの安心老後を創る椿リーガルグループ代表のブログです。

未分類

夢と現実

投稿日:2021年1月7日 更新日:

Pocket

昨日のブログで、新しく購入した羽毛布団がフワフワ、もちもちで「生揚げ」みたい!と無邪気に喜んでいたボクですが、寝具の寝心地と夢見はまったく別モノのようです。

フワフワの布団の中で見た夢は、フワフワな夢なんかではなく、よりによって誰かのゲ○を踏んだ夢。

よりによって夢の中のボクはサンダル履きです。ダイレクトにくっついたかも…

なんて夢を見るんでしょう⁈

起きたら早速検索してみました。

何かの警告という意味があるのと同時に金運の到来という意味もあると書かれています。

前半無視、後半のみインプットです。ポジティブシンキングです。

その日のうちに早速スクラッチくじを買ってみました。

せせこましく、1000円分、5枚のみです。

なにしろ、くじ購入の根拠がだれかの○○を踏むという夢ですから、強気にはなれないです…

家に帰ったら早速コインでゴシゴシ削りました。

その結果は…

200円の当たりが2枚でした。

確立は2/5ですが、600円のマイナスです。

何とも言えない結果ですが、素敵とは言えない夢の結果ですからこんなものなのかもしれませんね。

-未分類

執筆者:

関連記事

ボクのトリュフ

人間の欲望に際限ないこと、贅沢にはすぐ慣れてしまうことは前回の記事の通りだけど、味覚に限ってはまだまだ贅沢を知り尽くしているとは言えないと思っている。 そんなことを書くと 「そんなことよく言うわ。ヒデ …

加山雄三

亡くなった母親は加山雄三が好きでしたが、ボクはなんとなく苦手だと感じていました。 「ちい散歩」の後に抜擢された時は、番組にいかにも合わない感じがしました。 「君は何歳だい?こっちへおいで。写真を一緒に …

SNSに殺される?

その昔、アイドルと言えば松田聖子とか中森明菜、小泉今日子、男性なら田原俊彦、近藤真彦…と言ったように「ピン」であることが当たり前だった。 それがいつからかアイドルと言えば、アイドル「グループ」であるこ …

伊集院静という男

伊集院静の「なぎさホテル」を読んだ。 久しぶりに伊集院静を読んでみようと思ったのは、作家の死を報じるネット記事に書き込まれたコメントを読んだからだ。 その人(女性)は、父親を亡くしたそうだ。サイン会で …

なにがなんでも

ボクはイベントを求めている。 コロナを忘れさせてくれるイベントを。 しかし、クリスマスが終わり、お正月も終わると、空白の時期が生まれる。 バレンタインデイ?残念ながら、あまりボクには関係ないようだ。 …

PREV
羽毛布団
NEXT