50代からの幸せ「椿ブログ」

若くないからこそ気づく幸せもある。おひとりさまの安心老後を創るHIDEのブログです。

未分類

ロックが生まれなくなったこの国の・・・

投稿日:

Pocket

最近の大人は物分かりが良くなったと言われます。

友達親子と言われたら大半の親は喜ぶでしょうし、なんなら姉妹に見られたいと願う母親も多いと思います。

学校の先生も、昔の体育教師みたいなのはいなくなりましたね。

子供にとって、もう大人は乗り越えるべき存在じゃないのかもしれません。

日本にロックは生まれなくいなりました。

尾崎豊がシャウトするべき対象はもうありません。

そんなロックが生まれない日本にも残っていました。

ロックなヤツ。

道の駅で買ってきた梅干しです。

ガチンとくる、ちょ〜酸っぱい梅干しです。

舐めてました。油断してました。何気なくかじった最初の一口で悶絶しました。

最近の梅干し、食べやすくなってます。

塩分控えめだったり、なんだったら蜂蜜がはいっていたりしますから。

でもこの梅干しは、昔ながら。

塩分なんて全く気にしません。

子供の頃の梅干し、こんなだったなぁ、と顔をクシャクシャにすぼめながら懐かしく思い出しました。

子供に遠慮しない、ゲンコツのような、ロックな梅干しでした。

-未分類

執筆者:

関連記事

夏の始まり、夏の終わり

今年の夏至は6月21日でした。 もう1ヶ月以上前のことです。 夏が始まったと思っても、実際は少しずつ日は短くなっているのです。 盛りに見えても、ふとした瞬間に陰りが見える。 だから太陽に白く輝く入道雲 …

no image

日日是好日の感想

「日日是好日」という映画を見ました。 奥さんがたまたま、映画の元になった同タイトルのエッセイ集を読んでいて、映画予告の段階から気になっていたそうです。 その上、樹木希林さんの遺作ということで、世の中的 …

夕暮れ

夏の夕暮れは寂しい。 日中憎たらしいほど暑かった太陽が沈むと、涼しい風が通り抜け、空もなんだか高くなったように見える。 まだ夏は始まったばかりなのに、夏の終わりを感じさせる。 考えてみれば、先月奥さん …

春の訪れに想う

若い頃は思っていました。 変わりばえのしない毎日に何の意味があるのか?昨日の続きの今日なんて欲しくない。 何か新しいこと、ドキドキ胸が高鳴るもの、キラキラ眩しいもので毎日を満たしたい。 それができない …

花鳥風月

嘘か本当か分かりませんが、花鳥風月という言葉がありますが、人は年齢を重ねるごとに、この順番で心惹かれるようになるんだとか… 花に心を奪われ、次第に鳥のような小動物に、ついで風のような自然を、そして月や …