50代ブログ「つばき日記」

若くないからこそ気づく幸せもある。おひとりさまの安心老後を創る椿リーガルグループ代表のブログです。

未分類

SNSに殺される?

投稿日:2021年3月21日 更新日:

Pocket

その昔、アイドルと言えば松田聖子とか中森明菜、小泉今日子、男性なら田原俊彦、近藤真彦…と言ったように「ピン」であることが当たり前だった。

それがいつからかアイドルと言えば、アイドル「グループ」であることが当たり前になった。

そのアイドルグループの歌を聞くと不思議に思うことがある。

グループの構成員は多いと10人以上いることもあるのに、歌声は一つに聞こえることだ。

もしかしたら、かつてのSMAPの中居くんのように、なじまない声は勝手にマイクの音量を下げられていることもあるのかもしれないが、それにしても、数人で歌う歌声が一人の声のように聞こえるのは不思議だなと前から思っていた。

ここで言いたいのは、アイドルの変遷でもないし、アイドルの進化論でもない。

周りくどい出だしで申し訳ないが、グループで歌う歌声が一つに聞こえるような現象が起きているのではないかと感じるのだ。

SNSのことだ。

ネットでは無数の人が自分の意見を主張している。その声一つ一つは個人のものに間違いはないのだけど、SNSというプラットフォームにまとまると、まるで一人の声のようになってしまう。

一人一人の声を飲み込み、それを成長の餌にして巨人が生まれる。そしてその巨人は自分を生んだはずの個人の存在を逆に飲み込んでしまう。

あたかもフランケンシュタインが、生みの親である博士を殺してしまったように。

いつしかボク達の生活はSNSに支配されている。

つい最近、ボクはTwitterを始めた。それで分かったことは、Twitterでは、Twitterをやっている人に「ウケる」発言内容があるということだ。

周りに「いいね」をもらえれば嬉しい。その喜びを得るために、知らず知らずのうちに自分の発言内容が変わってしまう。

そのような体験を繰り返していけば、人格さえSNSに好かれるものへと変わってしまうのではないだろうか?

SNSという巨人は逸脱を許さない、不寛容な存在だ。

目には見えない権力だ。

そしてSNSが支配する世の中で行われるのは「私刑」だ。

毎日のように死刑は実行されている。ボク達はいつしかキャンプファイヤーの火を囲むようにそれを楽しんで眺めているのだ。

外は強風が吹いている。今日は外出もできない。おかげで、少しマジメなブログを書いてしまいました。

-未分類

執筆者:

関連記事

枯葉

この年になると「初めての経験」というものが少なくなってきて、それに伴い何かに感動するということも少なくなってくる。 だけど、まだまだ経験したことがないことが身近にあったりする。 枯葉が舞うなかを歩く、 …

夕暮れ空と鉄塔

世の中にはさまざまなマニアがいて、その種類の多さに驚きます。 以前本屋で「鉄塔のある風景」という写真集を見たことがあるので、鉄塔が好きなのはボクだけではないんだと思います。 鉄塔の魅力を語れるほどボク …

桜の時期も終わり

あっという間に桜が咲いて、あっという間に桜が散ってしまいました・・・ 今年はなんとなく例年より早く桜が散ってしまったような気がします。 きっと、開花時期がいつもより早かったため、心の準備ができていなか …

伊集院静という男

伊集院静の「なぎさホテル」を読んだ。 久しぶりに伊集院静を読んでみようと思ったのは、作家の死を報じるネット記事に書き込まれたコメントを読んだからだ。 その人(女性)は、父親を亡くしたそうだ。サイン会で …

しろくまくん

大学生のとき初めてこの街に来て、町はずれをドライブした時の印象は、故郷よりもしかして田舎かもしれない…というものでした。 でも遠くに出かけることもできないこんな時にはこの環境に癒されます。 今日は春の …